ノート


学生時代に、模型の編成を実物に沿ったものにしたいなぁと始めた
実物編成の記録。

現場で手帳に書いたメモを、帰ってからこのノートに書き写して保管していました。
編成の頭から最後尾まで、ずーっと歩きながら車両番号を書き写したものです。
それをHPの立ち上げ時に転記したのですが、この記録を喜んでくれている方が
ちらほらと(^^ゞ

さて、コメントをくれた山添様。
というわけで、一次メモは残っていません。
書き写したこのノートが手元に残っている原本になります。
で再度原本を見直しましたが、HPと同じ記録内容でした。
ピクトリアル等の記録が正しいと思いますので、ご指摘いただいた部分は
私の見間違いか書き間違いでしょう。
ただ、違うところで原本からHPへの書き写し間違いも見つかりましたので
そーっと訂正したいかと。


電暖車。懐かしい言葉ですね。
地元の四国は非電化でした(今でも大半は非電化)ので客車は蒸気暖房でした。
冬場、最後尾の車両から漏れる蒸気を思い出します。(^^♪
今は、客車編成そのものが姿を消してしまい客車ファンとしては残念です。
f0084703_00544748.jpg
[PR]
by iko4wd | 2018-04-06 01:36 | 鉄道ファン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://iko4wd.exblog.jp/tb/29701677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山添 三十朗 at 2018-04-08 14:17 x
iko4wd様

大切な原本をお見せくださり、またご丁寧に再調査して頂き、ありがとうございます。
貴重な記録を、誤りなく私たちにお送りしてくださる一助になりましたのなら、幸いです。

実は、私自身は完全に旧客終焉後の世代でして、
客車に関することは知識だけで、経験をしたことがありません。
ですので、実際に乗車された方のお話は非常に新鮮に聞こえます。
経験がないからこそ、見知らぬ旧客に想いを馳せて模型作りに没頭しているのかもしれません。

話は変わり、宣伝の真似事みたいになってしまい恐縮ですが、私はTwitterで自身の作品を公開しております。
そちらに参考にさせて頂いたサイトとして、iko4wd様のお名前とサイト名を掲載したいと考えているのですが、いかがでしょうか…?
そのようなことは困る、というのであれば掲載は勿論控えます。
ご検討して頂ければ、と思います。
長文失礼いたしました。
Commented by iko4wd at 2018-04-13 23:48
山添様へ

曲がりなりにもHPとして公開していますので、ご紹介いただければ幸いです。


<< 高松駅で 姫新線 >>